ドリップコーヒーの美味しい淹れ方

ドリップコーヒーを美味しく淹れる方法があります。

ドリップコーヒーは、抽出の仕方により味に違いが出るため、基本の方法をおさえておくと安心です。

使用するコーヒーの種類や焙煎度は好みですが、豆から挽く際は中細挽きが望ましく、また適量はカップ1杯分あたり10~12gです。まず、抽出器具のサーバーやドリッパー、カップやソーサー、スプーンなどは温めて、水道水などを沸かしておきます。

そして、お湯が沸騰した後火を止め、抽出に適した温度にするため表面の泡が鎮まるまで待ちます。

次に、フィルターの底の部分を外側に折った後、側面の部分を内側に折り、ドリッパーにセットします。器具にはいろいろなサイズがありますが、必ずフィルターとドリッパーはサイズや形が合うものを使用し、隙間なくセットすることがポイントです。それから、フィルターにコーヒー粉を入れますが、ドリッパーを軽く振って粉の表面を平らにしておくと、ムラなく全体にお湯を注ぐことができます。

そして、少量のお湯をコーヒーの中心から静かに注いで粉全体に均一に含ませ、20秒ほどそのままの状態にして蒸らします。この際に注ぐお湯の量は20ccほどで、温度は95度前後が理想的です。

十分にコーヒーの美味しい成分を引き出すために蒸らしは大切で、美味しいドリップコーヒーを淹れるためには必ず行う必要があります。次に、お湯を粉の中心にのの字を描くように、3回に分けてゆっくりと真上から注ぎますが、上から水面が3分の1ほど減ったら次のお湯を注ぐことがポイントです。

最後に抽出後のカスをチェックし、表面に細かな泡が残っている場合は、雑味のないクリアな味のコーヒーが抽出されています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です