カプセルコーヒーの概要

カプセルコーヒーとは、カプセル状になっているコーヒーを専用のマシンにセットすることで、本格的なコーヒーを楽しむことが出来るアイテムのことを言います。また現在はコーヒーだけでなく、エスプレッソなど様々なタイプの味を楽しむことが出来ます。ボタンを押せば30秒程度で淹れ終わるので、誰でも利用できるような仕組みとなっています。

家庭だけでなく、オフィスでも用いられているタイプです。このカプセルコーヒーは、通常のものとは違って1杯分のコーヒー豆を挽いたものをカプセルに詰めることで、真空状態に密封しています。これにより通常のコーヒーで起こりやすい酸化を防ぐことができ、味や香りの質が落ちることなく楽しむことが出来るようになっています。この密封状態は、光や空気、湿気と言ったものから守られているので、ドリップで淹れたコーヒーと比較すると断然味が安定している特徴があります。また、1杯ずつ淹れることが出来るようになっているので、飲みたいときに飲みたい分だけ淹れたてを作ることが出来るのがメリットです。

使用したカプセルの処理も簡単で、使用したカプセルをそのままゴミ箱に捨てるだけとなっています。肝心のコスト面に関しても1杯あたり約50円から100円以上と、カプセルコーヒーはコストパフォーマンスも良いと言えます。このような性質を持っていることから、おいしいコーヒーを飲むために時間や手間をかけずにすぐさま飲みたいと思っている人に合っていると言えるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です