カプセルコーヒーの特長・費用や導入コストについて

カプセルコーヒーは一杯分のコーヒー豆を挽いたものをカプセルに封入し、これを専用のマシンにセットして抽出するタイプのコーヒーの事です。

真空状態で密封出来るのでドリップ式等と比較すると豆の鮮度を保ち易く、且つマシンは持ち運びも可能なほどの大きさ・重量である為、家庭でも本格的なコーヒーを楽しめるものとして徐々に普及が進んでいます。

カプセルにはメーカー間を跨ぐ統一規格は無く、独自の基準によって形状や大きさが違うものが提供されています。

その為、使用するマシンに合った専用カプセルを購入する必要があります。

とは言えカプセル1個当たりの値段は最も高い価格帯のものでも80円前後といったところで、他のタイプのコーヒーメーカーや缶コーヒー等と比較しても、カプセルコーヒーは少なくとも割高という事はありません。

また真空による封入は他の素材にも応用出来る事から、メーカーによっては紅茶・抹茶・緑茶等を抽出する事も可能な、多機能型のマシンとして本体を提供しているケースも見られます。

予め器に牛乳を入れて置くといった工夫をすると、ミルクティーやカフェオレを気軽に作るといった用途にも適しています。幅広い応用で多角的にリラックスした時間が得られるのも、カプセルコーヒーの特長と言えます。

専用マシンを用意するとなると初期費用が高くなるように思えますが、カプセルの定期購入といった条件付きながら、保守や初期購入費用を無料とするケースも増えています。

カプセルコーヒーの手軽さが、更に高められていると言えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です