誰でも簡単にコーヒーを淹れられるカプセルコーヒー

カプセルコーヒーのコーヒーの楽しみ方は使用する機械によって若干の違いはあれど、基本的には、飲みたいカプセルを機械にセットし、ボタンを押すだけです。

あらかじめ機械やカップを温めるためにも、少量お湯を通しておくと良いでしょう。カプチーノやカフェオレを作りたいという場合には、メーカーにもよりますが、カプセルを2つ使用したり、別途ミルクを用意することが必要となります。カプセルコーヒーは挽かれた状態のコーヒー豆が密封されているため、常温で長期間保存することが出来ます。専用のカプセルホルダーを利用することにより、オシャレにカプセルを飾ることが出来ますし、すぐに目的のカプセルを取り出すことが出来ます。

使用した後のカプセルは、機械から取り出し、処分するだけです。手を汚さずに短時間で片付けることが出来ます。カプセルコーヒーは一杯一杯コーヒーを淹れますので、複数で楽しみたいという場合でもそれぞれの好みに合ったコーヒーを選ぶことが出来ます。淹れられたコーヒーは飲み頃の温度となっているため、人によってはぬるいと感じてしまうかもしれません。

そのような事を防ぐ方法として、あらかじめカップを温めておくと良いでしょう。カプセルをセットしない状態で、湯通しをすることで、カップを温めることが出来ます。日常的に特別な手入れをする必要はありませんが、コーヒーを淹れた後も湯通しをすることで、清潔な状態をキープすることが出来ます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です