ドリップコーヒーにはないカプセルコーヒーのメリット

カプセルコーヒーはこれまでのドリップコーヒーにはないメリットがいくつかあります。

まず、誰でも同じ味のコーヒーを淹れることが出来るということです。ドリップコーヒーの場合、使用する道具や熟練度により同じコーヒー豆を使ったとしても異なる味わいとなってしまいます。カプセルコーヒーであれば、誰がどのタイミングで淹れたとしても同じように楽しむことが出来ます。そして、色々なコーヒー豆を楽しむことが出来るということもメリットということが出来るでしょう。ドリップコーヒーで、様々な産地のコーヒーを楽しもうとした場合、コーヒー豆の保存方法に気をつけなければなりません。

焙煎したコーヒー豆は時間の経過とともに風味が落ちてしまい、美味しい状態でコーヒーを楽しむことが出来る期間はそれほど長くはありませんが、カプセルコーヒーであれば、コーヒー豆の酸化を防ぐように工夫されていますので、安心して長期間コーヒーを楽しむことが出来ます。ドリップコーヒーは自分好みのコーヒーを楽しむことが出来るというメリットがありますが、器具の片付けが面倒になってしまう人もいます。

その点、カプセルコーヒーであれば、カプセルを捨てるだけと簡単ですし、マシンが汚れてしまっても軽く拭き取るだけで汚れを取り除くことが出来ます。また、機械によっては、汚れたパーツを外して洗うことも出来ますので、清潔な状態で使うことが出来ます。手入れが面倒で使わなくなってしまったということはないでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です