職場で美味しいカプセルコーヒー

手軽に入れることが出来るカプセルコーヒーは、職場に取り入れている企業も増えてきています。

飲みたいときに飲みたい分だけ、ボタンを押すだけで美味しいコーヒーを淹れることが出来る手軽さは、職場で受け入れられているのです。

今までのインスタントコーヒーであれば、給湯室などで女子社員が人数分のお湯をマグカップに入れて淹れるものでした。女性の社会進出が当たり前になった今、コーヒーを淹れることも男女平等で、しかも美味しいコーヒーが席のそばで簡単に入れることが出来るというのは、時代の流れにあっているのです。

カプセルコーヒーのメリットはゴミが少ないということもあります。ドリップ式コーヒーのようにコーヒーかすが出ることなく、使い終わったカプセルを捨てればいいだけなので、男性であっても簡単に自分で淹れることが出来るでしょう。カプセルコーヒーは、価格面でも大きなメリットがあります。例えば本格的なカップコーヒーを社外に買いに行くのであれば、最低でも200~300円程度はかかります。

しかしこうしたカプセルコーヒーは、定期販売を利用する事で1杯50円程度で飲むことが出来、女性に嬉しいラテ系メニューでも1杯100円ほどで飲むことが出来ます。メニューも豊富にあり、レギュラーコーヒーを始め、マイルドブレンド、エスプレッソ、カフェインレスなどから、カフェオレ、カプチーノ、ラテマキアート、抹茶ラテなど、ショップで購入するのと同じくらいの味が楽しめるのです。

買いに行く時間のロスも減らすことが出来、お手軽に美味しいコーヒーを飲むことが出来るカプセルコーヒーは、職場の新しい定番となりつつあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *