コーヒーカプセルは鮮度の高いコーヒーが楽しめる

コーヒーカプセル式のコーヒーメーカーは以前は珍しいものでしたが、近年は種類も多くなってきています。

コーヒーカプセル式のメリットは、やはりコーヒー豆が酸化しない工夫が施されていることです。挽きたての豆が酸化しないようにコーヒーカプセルの中に閉じ込められていますので、風味豊かなコーヒーを好きな時に楽しむことができます。一般的に、コーヒー豆は乾燥させてから焙煎するため、水分が蒸発します。新鮮さについては見た目では分かりづらいですが、コーヒー豆は野菜と同様に生鮮食品と言われ、日が経過すれば酸化して味わいも悪くなってしまいます。

ハンドトリップで淹れる際に、お湯を注いだ際に粉の膨らみ具合が普段と比べて悪い気がしたり、飲んで酸味や余計な苦味を感じる場合、コーヒー豆が酸化している可能性も疑われます。その点、1杯分を密閉容器で個包装にしているカプセルコーヒーなら、真空の状態で密封されていて鮮度が高いままなので、飲みたい時にいつも新鮮で美味しいコーヒーが飲めます。

光や空気だけでなく、湿気からもカプセルで守られていますので、ドリップで淹れたコーヒーと比べると、コーヒーの味も安定しています。さらに、1杯ずつカプセルをセットしてボタンを押すという簡単な操作でコーヒーが淹れられますし、終わったらカプセルをゴミ箱に捨てるだけでお手入れが済みます。コーヒーカプセルのバラエティも豊富になっており、ラテがお好みの方やエスプレッソがお好きな方も自宅で手軽に好みのコーヒーが味わえる点も大きな魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *