カプセルコーヒーの魅力を知って活用しよう

カプセルコーヒーは、カプセル状の容器の中に1杯分の挽きたてのコーヒーが真空状態で詰められていて、専用のマシンにセットしてスイッチを入れると、誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れることができます。

これまでのコーヒーメーカーとの違いはセットするコーヒーがカプセルであること、レギュラーコーヒーは生鮮食品と考えられて酸化による劣化が早いのですが、カプセルは真空状態で密閉されているので品質保持期間、賞味期限が長いのが特徴です。しかも酸化による劣化が起こらずに済むので、何時でも挽きたての美味しいコーヒーの味と香りを楽しめます。

嗜好品として人気の高いコーヒーですが、自宅で飲む場合、一人暮らしだとなかなか消費できないところが難点です。モカやキリマンジャロなど産地にこだわって集めても、最後まで飲み切れず劣化させてしまうことがあります。そこでカプセルコーヒーを利用すると、劣化を気にせずさまざまな種類を楽しむことが可能です。昔はブレンドやモカなど一般的なものだけでしたが、今はさまざまなものがあり好みで選べます。

最近のカプセルコーヒーはストレートコーヒーだけではなく、カフェオレやカプチーノ、抹茶ラテやエスプレッソ、フレーバーコーヒーもあってバラエティが豊富です。保存が簡単で期間が長く、カプセルをセットするだけで好みのドリンクを飲むことができます。自宅でレギュラーコーヒーを持て余してしまう人には特におすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *